FC2ブログ
Hな女教師のひとりごと
学生のときの過激体験を思い出して、妄想で一人オナニーにふける淫乱女教師の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主人の言葉責め
この間の金曜日はHの日でしたが、お出かけしてのHになりました。
近所にあるホテルに行こうとしましたが、新しいそのホテルは満車で入れませんでした。
金曜の夜ともなれば、同じことを考える人がおおいんだなぁ・・・と納得しました。

でも、私の病気もあり、急いで別のホテルに入ってみると古い建物で、あまりいい気はしませんでした。
一応、綺麗に清掃はされていましたので、一緒にお風呂に入り、体を洗いながら当たり前のように咥えました。
20112200102.jpg
「家だと後始末とか大変だし。こういうところなら思い切り暴れてもいいぞ」

顔に手を添えてはいますが、私の好きにしゃぶらせてくれていました。
あまり長い時間咥えることもなくベッドへ移動。
薄暗い中でまずは私が跨りました。
主人は疲れているだろうし、私が自分から跨ろうとするとすごくうれしそう。
一気に腰を落とし、全部をおま●こに収めました。
20112200106.jpg
(あああっ!いいっ!)

唇を噛んで声は我慢。
しばらくは主人は動かず、苦手な騎上位で腰を使う私を眺めているようでした。

「H美先生、必死だねぇ。いいよ。可愛くて」

「ごめんなさい・・・下手で・・」

「それがいいんだよ。先生の騎上位は。プロみたいな腰使いじゃ俺は楽しくないからなぁ」

腰を両手で押さえられ、ぐっと下に落とされました。

「がっ!」

声を我慢してたせいで、かえって変な声が漏れました。
押さえられた腰を回を回すように動かし、下から突き上げます。

(ああっ!子宮に…当たる・)
20112200108.jpg
そのまま主人が上体を起こしたため、私の上半身が倒れ、四つん這いに・・・
さらに主人が頭を押さえ、ベッドに押し付けたため、お尻を高く上げた格好になりました。
下から上へ突き上げるような動き・・・
私の下半身が上に押し上げられます。

「はぁっ!・・・」

とうとう声が漏れてしまいました。

「先生~~・・澄ましてる顔からは想像もできない声だぜ」

「何を考えてる?この犯してるち●ぽは誰のちん●だ?」

「ほら?T君のちん●思い出しなよ」

「Hさんの使いこまれたち●ぽか?思い出してるのは」

「M君のちん●はどうだったって?M君もバックからだろう?」

「まだまだ、お前と犯りたいってやつはいっぱいいるぞ」

どきっ!としました。

「おっ?一瞬締まったな、ま●こが。なるほどねぇ・・・もっとやられたいんだな、この淫乱先生は」

動きが激しく乱暴になっていき、膨れ・・・子宮に射精を感じました。
私も主人の言葉責めに興奮し激しい絶頂を感じました。
主人の「モノ」が抜かれ、主人がおま●こからあふれる精液を綺麗に拭いてくれ・・・
20112200112.jpg
「この写真をH美先生と犯りたいって奴に送ってみようかな」


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:淫乱人妻 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/23(水) 17:58:38 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/23(水) 20:56:29 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/23(水) 22:40:11 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/24(木) 01:15:31 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/24(木) 09:52:08 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/24(木) 10:19:13 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/24(木) 10:36:42 | | [編集]
先生とセックスしたい
2011/02/24(木) 17:48:22 | URL | まさみ [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mimi83.blog57.fc2.com/tb.php/163-66a7e3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。